JP | EN

国のベンチャー支援施策

国のベンチャー支援施策 (法規制対応)

国主導で行われているベンチャー支援施策のうち、カテゴリ: 法規制対応 に属する施策の一覧です。

RS総合相談
実施主体 PMDA
支援対象 シード・アーリー・レイター
支援内容 法規制対応
概要 RS総合相談では、相談内容について、PMDAでの相談(RS戦略相談等)への適否確認や、承認申請に向けて参考となるガイドラインや通知、制度等についての全般的な説明、相談を行います。
RS戦略相談
実施主体 PMDA
支援対象 シード・アーリー・レイター
支援内容 法規制対応
概要 大学・研究機関、ベンチャー企業を主な対象とし、医薬品、医療機器(体外診断用医薬品含む)又は再生医療等製品の候補選定の最終段階から臨床開発初期(POC(Proof of Concept)試験(前期第II相試験程度)まで)に至るまでに必要な試験・治験計画策定等に関する相談への指導・助言を行います。
IP BASE
実施主体 特許庁
支援対象 シード・アーリー・レイター
支援内容 イベント等への招待・紹介, 法規制対応
概要 スタートアップに必要不可欠な知財戦略に関する基礎知識や支援施策・イベント等の最新情報を集約した知財コミュニティポータルサイト。
知財に関する無料相談窓口や、年1度の知財アクセラレーションプログラム「IP Acceleration program for Startups(IPAS)」を展開している。
医療系ベンチャー・トータルサポート事業(MEDISO)
実施主体 厚生労働省
支援対象 シード・アーリー・レイター
支援内容 連携企業紹介, 人材交流等の人的支援, イベント等への招待・紹介, ビジネスモデル構築に関する支援, マーケティング販路拡大, 海外展開, 法規制対応
概要 MEDISOは、医療系ベンチャー・トータルサポート事業の総合ポータルであり、医薬品・医療機器・再生医療等製品の実用化を目指している個人を含めたベンチャー、アカデミア等を支援する。具体的には以下を実施。 ■薬機法の対象となる医薬品・医療機器・再生医療等製品の実用化支援。
 ・支援方法:電話、メール、対面
 ・支援元:サポーター(研究開発・薬事等の専門家)や厚生労働省を含めた関係機関
 ・備考:相談・支援は無料。
AMED知財リエゾン
実施主体 AMED
支援対象 シード
支援内容 人材交流等の人的支援, ビジネスモデル構築に関する支援, 法規制対応
概要 AMED知財リエゾンは、AMED知財支援課の知財コンサルタントと一体となり、導出活動に割くリソースが必ずしも十分でないアカデミア等研究機関を主な対象とし、AMED関連課題等の研究初期の段階から成果の導出戦略支援を行うべく、全国を機動的に訪問し、支援を行っております。
医療機器開発支援ネットワークポータルサイト(MEDIC)
実施主体 経済産業省
支援対象 シード・アーリー・レイター
支援内容 資金調達支援, 人材交流等の人的支援, イベント等への招待・紹介, ビジネスモデル構築に関する支援, マーケティング販路拡大, 法規制対応
概要 医工連携イノベーション推進事業では、経済産業省、厚生労働省及び文部科学省が連携し、
医療現場からのニーズが高く、課題解決に資する研究課題を選定し、
優れたものづくり技術(切削、精密加工、コーティング等)を有する中小企業等と、それらの課題を有する医療機関や研究機関等とが連携した「医工連携」による医療機器の開発・改良、について
国内外の臨床評価、実用化までの一貫した取組、を行っています。
また、厚生労働省の「革新的医療機器の安全性等評価法の開発支援事業」により、本事業の開発成果の薬事審査を支援します。
これにより、中小企業のものづくり技術を活かした医療機器の実用化を加速することにより、我が国における医療の質の向上と、ものづくり産業の新たな事業分野の開拓を実現します。