Healthcare Innovation Hub(通称:InnoHub)は、
ヘルスケアやライフサイエンスに関わるベンチャー企業等の相談窓口です。
ヘルスケアやライフサイエンスに関わるベンチャー企業等の支援については、
研究開発等に長い期間と多額の費用を要することから、
ファンドや民間企業等から資金調達等の適切な支援を受ける環境を整備することが重要です。
そこで、経済産業省では、ベンチャー企業等からの相談をワンストップで受け付ける相談窓口
「Healthcare Innovation Hub(通称:InnoHub)」を設置します。
InnoHubは、ベンチャー企業等の相談を受け付けて
InnoHubアドバイザーやサポーター団体を紹介するだけでなく、
ヘルスケア関連のイベント等と連携し、
相談者やInnoHubアドバイザー、サポーター団体にイベント等の関連情報を提供し、
本取組を通じて、ヘルスケアやライフサイエンス分野の
ベンチャーエコシステムを構築することを目指します。

相談の流れ

  1. メールでご相談内容を送付ください

    相談内容については、この時点で明確な方向性が決まっていない場合でも、書ける内容で記載いただければと思います。

    ご相談はこちら
  2. オンライン・お電話で相談内容のすり合わせ

    InnoHub事務局から1~2名が「ご相談担当」として、オンライン・お電話でご相談内容の詳細を伺います。
    事業の内容やご相談内容の詳細を伺っている中で、InnoHub側からご相談内容にマッチしそうなアドバイザーやサポーターのご提案をすることも多くあります。

  3. ご相談内容に応じた支援を実施

    InnoHubではご相談内容に応じて、様々な支援を実施しています。
    詳しくは相談サービスをご覧ください。

    相談サービスを見る

InnoHub 活動5箇条

InnoHub では、以下の5つの価値観を定めて活動しています。

  • 参画者がスクラムを組み、ヘルスケア産業の発展に寄与する
    • ヘルスケアVBなど相談者/アドバイザー/サポーター団体/InnoHubは、 対等な立場としてモチベーション高く参画する
  • あくまで主役は相談者・イノハブサポーター
    • アドバイザー/サポーター団体/InnoHubは、 批評者ではなく、相談者が前に踏み出すために何が必要かを常に考え行動する
  • 顔と名前がわかる関係で品格と熱量を保つ
    • 最終的には、人と人のつながりが重要
    • アドバイザーはもちろん、サポーター団体、InnoHubも 顔が見えるような活動を目指す
  • スピード感を持つ
    • 参画者が有限である時間を有益に使えるように、遵守すべきことは遵守した上で、 スピード感のある活動を実行する
  • 専門・技術的な支援は既存専門窓口につなぐ
    • 知財、薬機法など 専門的なノウハウを有する既存の窓口と連携を密にし、専門性の高い相談は的確な先につなぐ

相談例

相談内容
医療機関に向けたサービスを開発中。資金調達に向けていくつかのVC等と面談しているが、VCがどのような観点で事業を見て投資を決めるのか、明確に整理・認識できていないと感じている。
今後の事業展開・拡大のために理解を深めたい。
解決案
「投資家がどのような観点で投資の是非や投資の大きさ等を意思決定しているのか」という観点でVC所属のアドバイザーとの面談を設定。上記観点と併せて自社事業についてのフィードバックを受けた。
相談内容
慢性疾患の重症化予防のアプリケーションを開発。ウェアラブルデバイスと連携させ、精緻なデータを取ることが可能。
特に保険分野を中心として、今後の事業拡大に向けた協業の可能性を確かめたい。また、保険分野以外も自治体など関心のある団体があれば今後の事業展開を検討するためにディスカッションを行いたい。
解決案
いくつかの生命保険企業に対して個別にディスカッションの打診を行うのと併せてサポーター団体全体に広報。生命保険企業や手上げのあった団体とディスカッションを行い、うち1.2社とは具体的な協業に向けたディスカッションに進んだ。
相談内容
将来的な医療機器の開発を目指し、プロトタイプ開発に活用できる公的な補助金を探索中。AMEDの公募情報などにあたるが、応募できる資格があるのかよくわからない。自社のステージで活用できる幅広い補助金などがあれば知りたい。
解決案
InnoHubが保有している公募情報をご提供。また、メールマガジンにて継続的に公募情報の提供を行っている。
相談時にお話しいただきたいこと

下記2点をお話しいただけるように準備をお願いいたします。

  • 現在手掛けている事業の内容
    (誰の・どんな課題/Painに対して・どのような方法で解決しようとしているか)
  • 事業を進めるうえで悩んでいること

よくあるご質問

相談にあたって費用はかかりますか?
InnoHub事務局への相談は無料です
アドバイザーやサポーター団体と必ず面談ができるのでしょうか?
相談者の意向を踏まえ、InnoHubサポーター団体などへ面談の依頼を行います。ビジネスベースで必要性などを検討いただきますため、各社との面談を必ずお約束できるわけではありませんが、ご相談者・InnoHubサポーター団体双方の意向を踏まえて調整します。
アドバイスを受けたいInnoHubアドバイザーを指名することはできますか?
事務局との相談時に希望をお伝え下さい。必ずしもご希望に沿えないケースもありますが、面談可否を確認します。
相談内容はどこまで公開されるのですか?
公開範囲はご相談者の希望に合わせて設定します InnoHubサポーター団体全体への公開、個別企業のみでの公開の2種類の範囲があります。

事務局情報

施策全体について
経済産業省
Mail
venture-healthcare@meti.go.jp
担当者
経済産業省 商務・情報サービスグループ ヘルスケア産業課 田中
ご相談はこちら
メールで送信する
いただいたご相談は4月2日以降順次ご連絡いたします
ご相談はこちら
サポーター団体募集についてはこちら